すきっぷ保育園のアルバイト・パート・正社員求人情報

すきっぷ保育園 ~自主性や主体性を持った、意欲溢れる子どもに~

勤務地から求人・仕事を検索する

北海道・東北

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

甲信越・北陸

  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 山梨
  • 長野

東海

  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重

関西

  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山

中国

  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口

四国

  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知

九州・沖縄

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

フリーワード

すきっぷ保育園の求人・仕事を色々な条件で検索する

すきっぷ保育園について

一人ひとりの育つ力に“働きかけ”、“信じる”“待つ”ことで花開かせる保育

すきっぷ保育園は、千葉・東京・神奈川・埼玉に16園を運営する認可保育園です。各園では毎日子どもたちの笑い声が絶えず響き渡っています!そんなすきっぷ保育園の始まりはワンフロアでの30名定員からでした。担任でなくても全ての職員が、園児一人ひとりを見守っている暖かさがそこにはありました。2020年春には新たに2園の開園を予定していますが、例え規模は大きくなってもその頃の気持ちを大切に、愛情をもってアットホームな保育を大切にしています♪

みなさんもすきっぷ保育園で一緒に見守る保育をしませんか?

一緒に働きたい人物像と職員の声

一緒に働きたい人物像

子どものことを一番に考えられる人

子どもへの想いが根底にあるからこそ、保育に工夫や発展が生まれます。子どもに厳しいことも言えるのは、子どものことを考えているからこそです。その想いを持ち続けるためには保育士自身のケアが大切ですが、すきっぷ保育園は保育士が長く働ける職場環境づくりを目指しています。

「謙虚」「感謝」「奉仕」「積極性」を大切にできる人

「謙虚」…常に自省し何事からも素直に学ぶ姿勢

「感謝」…人に対してだけではなく、モノや環境に対してもありがとうと思える気持ち

「奉仕」…大変なとき、大事なときにこそ誰かのために頑張れる心

「積極性」…どんな物事も前向きに受け止め解決に向かう意思

これらの4つの要素は人が成長するために不可欠なものと考えています。皆が意識できれば、お互いに協力し成長し合える組織となります。日々、保育士が実践している姿を通して子ども達にも伝えていって欲しいと考えています。

「Mission」「保育方針」に共感できる人

「Mission」…自主性や主体性を持った意欲あふれる子どもを育てる

「保育方針」…一人ひとりの育つ力に“働きかけ”、“信じる”“待つ”ことで花開かせる保育

我々が取り組んでいる“見守る保育”は、一人でも違う考えの保育者がいれば達成は難しくなります。同じ方向を向いて、共に成長しながら歩んでいきたいと考えています。

職員の声

八尋 久恵先生

入社5年目 園長

50歳になって「働けるのは、あと10年しかないのか」と思った時、このまま今の職場(公立保育園)で続けていていいのかな?と思いました。そこで保育士の資格でできる他の職場も経験してみたくなり、児童発達支援事業、他の行政の保育園、子育て支援センター等を経験しました。そのうちに「この経験をまた保育園で生かせないものなのか」と思うようになり、50代半ば過ぎで勤務先を探し始めました。そこで最初に“ここなら!”と心が動いたところが、すきっぷ保育園です。今までの経験や学びの中で、ささやかながら子ども達が成長している今を受け止め、「保育園ていいなーって思える保育をしてみたい」と理念や方針に賛同し採用試験を受けさせていただきました。

すきっぷ保育園で働くみなさんはとても真剣で、子ども達を暖かな心で包み、本当に一所懸命保育しています。園長職は初めてなので不安だらけだったのですが、そんなみなさんの姿を目の当たりにして、自分の今まではどうだったのかを振り返りながら、ここで勤務できることがうれしくなりました。また初めて会社経営の保育園勤務をすることになり、組織の中で戸惑うことも多かったのですが、本社の方達も子ども達の幸せを願ってさまざまな工夫を考え出してくれたり、職員一人ひとりのことも大切にしてくださったり、風通しがとてもよい職場であることを実感しました。研修等も多く、私達の意見に耳を傾け、取り入れてくれ、働きやすくなるように考えてくれています。私に対しても、その都度アドバイスをくれ、見守ってくれます。そのため安心して子ども達の今を生きようとする姿を大切に保育することができています。ここの職場に採用していただき、いろいろな人との出会いがあり、その出会いを今、心から感謝しながら勤務することができています。素敵な職場です。

岩谷 陽子先生

入社6年目 幼児担任

以前は、全くの異業種の仕事をしていました。3人の子どもを育てながら働いていたのですが、たくさんの素敵な保育士さんたちに助けられてきました。自身の子どもやその友だちの成長を間近で感じる中で、「子どもの成長を見守る仕事がしてみたい」「自分も働くお母さん達を助ける仕事をしてみたい」と思うようになり、国家試験に挑戦し合格、無事、保育士証を手にすることができました。初めに面接をお願いした園には、未経験であることと年齢を理由に断られてしまい大きなショックを受けました。「先生になることは無理なのか」と思い、半分諦めながらも採用情報を見ていく中で、すきっぷ保育園に出会いました。

すきっぷ保育園の「一人ひとりの育つ力に働きかけ、信じる待つことで花開かせる保育」という保育方針にとても魅力を感じました。面接では、私の志望動機を熱心に聞いてくださり採用が決まりました。実際に職場の仲間全員が、子ども主体の保育にチャレンジし、一人ひとりの子どもに職員全員が愛情をもって接しています。すきっぷ保育園は子どもだけでなく、そこで働く職員一人ひとりを大切に学び成長する機会を保障し、認めてくれる職場だと思います。

久我 愛先生

入社5年目

引っ越しを機に転職し、アットホームな雰囲気に惹かれてすきっぷ保育園への入社を決意しました。1年目は2歳児クラスを担任させていただき、子どもたちのストレートな感情表現、豊かな想像力、圧倒的なパワーのおかげで、毎日印象深い日々を送ることができました。もちろん、楽しい日々だけでなく体力的にも精神的にも大変な時もありましたが、そこを乗り越えた時、子どもたちの成長を見ることができることが何よりもうれしかったです。

今年は希望が叶い、経験のなかった0歳児クラスを担任させていただくことになりました。座れるようになり、立てるようになり、今では全員が歩いて探索活動を楽しんでいます。本当に子どもの成長の早さに驚かされる毎日です。保護者でもない私たちがその一瞬一瞬に立ち会えること、これは本当に幸せなことだと感じています。子どもの命の重みを感じ、時には責任の重大さに怖さを感じることさえありますが、後追いしてきてくれる子どもを見た時には「保育士をしていて本当に良かった」と心の底から感じます。職員間も仲が良いので、相談しやすく、また先輩の保育を見て真似ることもできるのは小規模園の良さなのではないかと思います。これからも様々なことを吸収してスキルアップできるように、自分なりに一生懸命頑張っていきたいと思います。

平 由花梨先生

入社3年目 専門(食育・アレルギー)リーダー

すきっぷ保育園のホームページには「一人ひとりの育つ力に働きかけ、信じる・待つことで花開かせる保育」という言葉があります。これを見て、「子どもを一人の人間として尊重し、大切にしている会社なんだ」と感じたのが第一印象でした。実際、ワンフロアでの30名定員から始まったこともあり、担任ではなくても一人ひとりの職員が全園児を見守っているような暖かさがありました。規模が大きくなった今も変わらず大切にしていることからも、それは実感しました。現在勤めている園は新設園ですが、その思いは、入社して間もない私を含め、どの保育士も同じです。他のクラスの子でも「どんな子なのか」「どんなおもちゃが好きなのか」知っています。時には自分のクラスの子どもが他のクラスの先生と仲良くなりすぎて、少し寂しい気持ちになる時もありますが、これもまたクラスの垣根を越えて、保育士みんなで見守ることができている証だと感じています。

保育士という仕事の中で「一人ひとりを大切に」という言葉は、誰もが大事にしていきたいことの一つだと思います。しかし、これは本当に難しいことで、集団生活の中で限られた時間・保育士の人数の中でどこまで尊重できるか日々考えさせられます。そんな時には園長先生や経験年数に関係なく、周りの先生に相談します。そこには一人じゃないという安心感があります。保育には色んな方法がありますが、一人では解決できないことも他の何気ないアドバイスがきっかけとなり解決できることもあります。また、普段から担任だけでなく保育士全員で一人の子を大切に見守り、その子のことをよく知っている分、適切なアドバイスがもらえます。これがすきっぷ保育園の強みだと思います。

研修制度と選考フロー

研修制度案内

内部研修

初期研修

本社

・企業マインド・保育マインド・保護者対応・業務研修

配属園

・入社時オリエンテーション

OJT

園内研修
毎月の職員会議内にて実施
看護師研修
毎月実施
基礎研修
上半期に2回、新卒や第二新卒を対象に社会人としての基礎的な内容の研修を実施
リーダー研修
年3回、将来のリーダー層を対象にリーダーシップやマネジメントの基礎的な内容の研修を実施
主任研修
年4回、マネジメントや問題解決等についての研修を実施
園長研修
毎月、園長が集まる事業部会議内にて実施
姉妹園研修
年数回、姉妹園に行き、肌で感じる
クラス別研修
同じクラスを持つ姉妹園の担任同士が集まり、年齢に応じた発達段階の理解や職員間の交流を深める
事業本部研修
年2回、全園集まっての研修会(終了後は親睦会も開催!)

選考フロー

エントリーから入社までの流れをご紹介します。

  1. STEP1 応募

    ◆選考をご希望の方は当採用HPよりご応募ください。

    ◆園見学申し込みはこちら

    03-6909-5155(9:00~受付開始)

    090-2759-9289(19:00以降)

  2. STEP2 一次選考

    ◆適性検査
    ◆面接
    (当日の所要時間は1時間程度です)

  3. STEP3 ニ次選考

    ◆保育実技(実際に保育を実施していただきます)20~30分程度
    ◆最終面接
    ・状況により選考の順序が変わる場合や、二次選考が免除になる場合がございます。

  4. STEP4 内定

    書面による内定通知、またはお電話にて連絡いたします。
    結果通知までにかかる目安時間→選考日より1日~1週間以内です。

  5. STEP5 入社手続き

  6. STEP6 配属前本社初期研修

  7. STEP7 インターンシップ研修※任意

    ご入職前に既存園にてインターンシップ研修に参加いただくことが可能です。

    ◆インターンシップ参加の流れ

    (1)インターンシップ参加の旨を採用担当へお知らせください

    (2)担当から希望日程・お時間のヒアリングをさせていただきます

    (3)ご希望を元に、担当がインターン受け入れ先の園と日程調整

    (4)日程調整後、採用担当より決定したシフトをご連絡させていただきます

  8. STEP8 入社・配属

すきっぷ版「働き方改革」

すきっぷが目指す保育に共感し 子ども達のことを一番に考え 日々保育と真摯に向き合う職員達が 気持ちよく働ける場所 長く働きたいと思える会社にしたい この想いの実現のために…

働きやすさの追求(環境面)

・クラス担任を持つ保育士に日々30分の事務時間確保
保育士の書類負担の軽減、持ち帰り仕事をなくすことを目指します。そのために、行政が求めるよりも多い職員配置にしています。ただし、急なお休みなどもあるため必ず約束できるものではありません。
・平日夜の職員会議の上限時間を設定
職員の体調管理、プライベートを考慮し、長時間の職員会議を廃止しています。
・閉園後の遅くまでの勤務を禁止
職員の体調面、計画的な仕事の推奨から、ルールを設け夜間の勤務を禁止しています。
・エプロン、ポロシャツの個人選択式へ
オリジナルエプロン、ポロシャツを職員の好みに応じて、自由に選択できます。
・ICTツールの積極活用
保育に向き合う時間をより多く作るため、パソコンやタブレットをはじめ、業務効率化に繋がる様々なICTツールを積極的に導入していきます。園長職には、iPadを貸与し、一部テレワークも導入しています。

働きやすさの追求(制度面)

・有給休暇を時間単位で取得可
半日休暇を使うまでもない、ちょっとした用事などの際に2時間単位で有給休暇が取得できます。年間3日分を上限とし、8時間勤務の方であれば合計24時間。これは月に1回程度、2時間単位の有給休暇を取得できる計算です。
・健康管理休暇の新設
人間ドックや婦人科検診を受ける場合、有給休暇とは別に特別休暇を取得できます。職員の健康管理意識を促進することで、健康で長く働くことを応援します。
・シフトのインターバル制の導入
職員の健康管理やプライベートへの影響を考え、前日の終業時間から当日の始業時間までを12時間以上空けてシフトを組むことを基本としています。
・給食費の補助
給食を食べる場合、一食あたり140円補助します(月額上限あり)。職員の健康管理面から、栄養バランスの良い園の給食を食べることを推奨しています。

一人ひとりを大切にする施策

・子どもの行事など家族の大切な日の有給休暇の取得を推奨
家族の行事よりも園の行事を優先しなければならない。保育士はそういう仕事…というのは、業界の古い考え方です。すきっぷ保育園は家族の大切な日には、周りに感謝しながらも、後ろめたさなく休みを取れる職場にしたいと考えています。
・「Myすきっぷデイ」の新設
何か用事があって取得する有給休暇ではなく、自身にとって思わず«すきっぷしたくなるような一日»を過ごすことでリフレッシュして欲しい、という考えのもと特別休暇を新設しました。
・メンタルヘルスケアサービスの導入
精神的な負担が大きい保育士のメンタルヘルスケアを大事に考え、保育士専用のメンタルヘルスケアサービスを導入していきます。

これらのすきっぷ版「働き方改革」によって、保育士一人ひとりが気持ちに余裕を持って子ども達と向き合うことで、保育の質の向上に繋がって欲しいという想いが込められています。

すきっぷ保育園の 求人情報から、あなたにピッタリなお仕事を見付けよう!